なかの幼稚園に「劇団風の子」が来てくれました!

始業式の日、劇団風の子さんにきてもらい、午前と午後の二回、全園児と希望の保護者の方全員で「小さい劇場 ぞうのエルマー」を見ました!

さすが、風の子さん。みんな、引き込まれてよくみていました!

 

 

劇団風の子はこんなことしてくれました!

劇団風の子

おもしろ板の形遊びがあったり、

 

手遊びがあったり、

 

ダンボールを使っての、ぞうのエルマーのお話があったりしました。

 

途中、あんまり見ていて面白かったから、思わず手遊びを真似したり、答えを考えたりしていたのですが、ぞうのエルマーが鳥に案内されて、ゾウの実の木を探しに行くときに…

 

「なんと、子ども達が手を使って花になったり、体でカエルになったり、回転扉になったり!劇に参加してしまいました!」

劇団風の子さんも、とっさに楽しんでくれました。さすが、プロ!

 

 

劇団風の子の劇のあと、教室では…

 

さらに。ほんとに、よーく見て、楽しかったんでしょうね。お部屋に戻ったら、さっそく再現!自分でも作ってみました。案内してくれる鳥まで!

園長先生
これ、全部自分たちで作ってます。ダンボールも、こよりの棒も、折り紙ももちろん、手慣れた素材になりましたからね!

 

 

つくし組では、手伝ってもらいつつ、ダンボールでそっくりのエルマーを作ったかと思うと、さっきのお話をしていました!

 

ちゃんと、木(木になった子がちゃんといるんです)からゾウ色の実(新聞紙)をとって、体に付けてゾウ色に変身(だから、新聞紙がついてるでしょ?)。パオ~!面白いですね!

そら組や、ひよこ組でも、紙を使っててるてる坊主を作っていたのですが、それを作ってかざったり、てるてる坊主のお店屋さんになったりしていましたよ。

園長先生
体を使って、頭を使って、表現するって、楽しいですねぇ。今学期も、楽しい学期になりますように!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。