新しい組ができた!?【にじ組】〜毎年4月29日はなかの幼稚園同窓会の日

勝手ながら…

 

「4月29日をなかの幼稚園の同窓会の日としました!」

 

ずっと、卒園した人たちが関われたり、卒園生同士が繋がれる機会があるといいな、と思っていました。4月29日をその日としたのは、きっかけは前の理事長です。

 

 

にじ組とは

2021年、4月29日に前理事長逝去に伴いお別れ会があったのですが、その会を準備しながら、たくさんの卒園生の方たちに連絡をしたり問い合わせをいただいたりしました。

これは、久しぶりに会う人たちが大勢になるんだろうな、という予感と、2021年4月はコロナで「久しぶりに会う人同士がゆっくりしゃべる」というのがはばかられる雰囲気がありました。

そこで、今年だけでなくて毎年集まりたい人が集まり、しゃべりたい人がしゃべれる場を作ろう、4月29日を同窓会の日にしよう、と決めました。

 

園長先生
同窓会というと、なにか名前がいると思い、つくし→もり→そら、と進級していく学年の名前から「そら組の先はにじ組にしよう」となりました!

 

さあ、第一回にじ組、どんな日になったでしょうか。

 

 

第1回「にじ組」開催!

天気は、うーん…雨。去年の前理事長お別れ会も雨だったし、開催中だけ降ったようだし、涙雨的にふったのかしら??

【マルシェ】手作りの雑貨やお菓子など。お母さんお父さん世代ならではの子育て役立ちグッズが多いのはなかの幼稚園のマルシェの特徴ですね。今年は、保護者の方で本職・飲食業の方に出店を出してもらいました。いいにおい満載でした。

【ステージ】歴代PTA会長のおしゃべりや現役&懐かしい先生のおしゃべり。また、コーラスや歌など。ここでも、本職の方の実力発揮がありました(何のこと?と思った方。歌と司会が素晴らしかった!のです。くわしくは、来年来てみて下さい)。なかのに関係している人たちって、どれだけ底力があるんでしょう。素晴らしいです。

【各スペース】前理事長先生のメモリアルスペースと、フリースクール『なかの学舎』のスペースもありました。

 

 

練習中の様子

私がこの日、うれしかったのは、小学生の卒園生が、虫好き同士でお互いの研究を話し合い、尊敬しあっている場面でした。学年が違うので在園中は知り合いでもない、進級した先も別の学校。

でも、お互いの興味とその熱意がとても近い二人。虫の写真などを見ながら「へ~すごい!」と聞きあう二人と、その二人を見ながらそれぞれのお母さんが「これがわかってくれるんだ、うれしいな~」と話し合っている様子。卒園生が繋がれる場、という、目的を達成できた嬉しい場面でした。

 

 

自由研究について教え、質問しあう卒園生

そして、その他に私が自慢したいことが!スイマセン、自慢させてください。それはなんといっても、関わってくれる保護者の皆さん。

2021年の「お別れ会」でも、準備から当日までどんどん動いてくださっていた方が多かったのですが、今年のにじ組の準備から当日までも、たくさんの方から気配りのこもった提案を寄せていただき、それを実現していく実行力を見せてもらいました!

当日、園長の私はぼやっとしている間に、会場が出来上がり、来場する人が来て、おしゃべりに花が咲き、夕方には片付けが始まっていて気が付けば片付いている!?300人前後の来場者があっても楽しそうな一時となったのは、皆さんのおかげでした。なかの幼稚園の保護者の方はすごい!ありがとうございました。

懐かしい先生達も、何人か来てくれました。高校1年生の卒園生が多かったのは、ちょうどクラスを担任してくれた先生達が遊びに来ると伝わったからだそうです。

高校生!大きくなって・美人になって・ガムテープで(ガムテープってのがいいでしょ)つけてもらった名前を見てやっとわかる、という人がたくさんでした。

 

 

園長先生のつぶやき

最後に、関わった人が送ってくれた感想を上げさせてもらいます。やってみてよかったな~、です。

みんなの声

  • 同窓会、ありがとうございます。幼稚園からエネルギーをもらえました!
  • 嬉しくて楽しい時間でした!
  • 私にとっては、なかのは子育ての原点!
  • 原点に帰ってこられる場所があるっていいな!
  • 「こどもたちのため」だけを考えていた幸せな時間を思い出しました!
  • ママがちょっと頑張りたいとき、さっと助けてくれるママがいる。そういう素敵な部分に触れて、嬉しくなりました!

 

並べてみると、なんとなく月並みな言葉になってしまうのですが、卒園してそれぞれのステージで頑張っている皆さんが、「あ、ひさしぶり。なかの幼稚園だ」というような感想をそれぞれ上げて下さっていたのです。

その中に、自分の原点はここなのかも、という感想が相次いだ今年でした。よく「幼児期は人生の土台です。しっかりその土台を作りましょう!」という話を説明会でするのですが、まさに土台を作ることの一端を担えていたのかも、と嬉しくなりました。

 

園長先生
来年もやります!なかのに関わったことのある人、よかったら4月29日、来てください!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。