満3歳児(2才児)のひよこ組がお料理に挑戦!?

なかの幼稚園のひよこ組(満三才児、というのですが、保育園で言うところの2才児のクラスです。)のお便りからです。この日、ひよこ組のみんなはお料理をして、お味噌汁作りに挑戦していました!

 

はじめてのお料理に挑戦!〜お味噌汁作り〜

子供 料理

みんなが登園したところで、手を洗ってお料理開始!すぐに集まってきた子ども達でした。

 

まずは作り方のお話。

手順の絵を見ながら、「ママはお家でお野菜切る時、どうやって切るかな?」と聞いてみると、「包丁!」という答え。「でも包丁でみんなの手が切れちゃったら大変だから、今日はお手々の包丁でお料理するんだ!」と、実際にスティック状に切った大根をポキッと折ってみると、「えっ!!」と子ども達はびっくり!本当に切れるんだ!といった様子でした。

さっそくみんなもやってみよう!

 

なかの幼稚園 料理

一人一人のお皿の上には、子ども達からリクエストのあった、大根、人参、さつまいもをスティック状にしたものが、それぞれ数本ずつ、他にもしめじや白菜の葉もあり、それを折ったりちぎったりしてお料理していきます。

 

折るのはちょっと難しいかな?お手伝いするようかな?と思っていたのですが、みんなとっても上手!そして楽しんでる♪「もっとやりたーい!」の声もありました。

 

全部のお野菜が切れたところで、1つのボールを2人で持って、調理室へ運びます。調理室へ運び、

 

子供たち
「お味噌汁作ってください!」

 

と言うのもとっても上手。この言葉子ども達が考えたんですよ。

 

大きなお鍋に切ったお野菜を全部入れて、グツグツ煮てもらいます。その間はいーっぱい遊びながら待ちました♪

 

11時過ぎまでたっぷり遊び、そろそろお味噌汁出来たかな?と調理室に行ってみると、「出来ましたよー!」思わずばんざーいをして大喜びの子ども達でした。

みんなよく食べて、お弁当が食べきれないほどおかわりする子たちも。お野菜もよく食べるし、「絶対飲まない」の子がいなかったのにもびっくりです。

自分たちで作ったお料理はおいしいね♪「大成功だね!」と笑顔で言う子ども達。また〝出来る事〟が1つ増えたね♪

 

 

園長先生のつぶやき

“おててで、ぽきぽきして、お料理”。なんとも、おもしろい表現ですが、これで上手にお味噌汁になるんです。これができると、いろんなお手伝いの幅も広がりますねぇ。

今年のひよこ組、楽しそうに日々を過ごしています。ぽきっと折れるのをみて、びっくり!したり。出来ましたよー、に思わずばんざーいをしたり。2歳、3歳ってこんなに素直に生活していくんですね。

園長先生
実習の先生が、「こどもって、こんなに泣いたり笑ったりするんですね」と言ってましたが、本当に。大人とは違う、感情も表現もたくさんあって、この時期ならでは、の日々ですね。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。