もうすぐなかの幼稚園の運動会!子供たちが作戦会議!?

なかの幼稚園では、もうすぐ運動会。年長、そら組では毎年、白熱したリレーがあります。なかの名物のひとつでしょう。そんなリレーの様子を、お便りから抜粋&編集してお届けします。

なかの幼稚園の運動会は目前!その練習は試行錯誤の連続!?

2019年10月14日

 

まずは、リレーの人数を合わせるところから?

なかの幼稚園 運動会

リレーが始まった頃は、走った人はまた列に並び直して順番が来たらまた走る。終わりのないずっと続くリレーで走ること自体を楽しんでいました。

しかし、ずーっと走っているといつになったら終わるのか分からない!という事で、「1人1回走ったら終わりにする!」という、終わりがわかるリレーになっていきました。

 

リレーはクラスの中で白チームと黄色チームに分かれて行います。白チームがいい人は白チームへ、黄色チームがいい人は黄色チームへ並んでいくのです。なので…大幅に人数差が…(^^;)

気がついている子もいるはずですが、人数差よりもやるぞー!の雰囲気で、そのままスタート!

すると…圧倒的に人数が少なかった白チームが先にゴール!沢山残っていた黄色チームは、一緒に走る相手が居なくてあれ..?という様子。

そこで気づいた子ども達…

 

子供たち
「白が少ないからだよ!」「少ないから速かったんだよ!」

 

そして..『白チームと黄色チームで人数が一緒じゃないと!』と気がついたのでした(^ ^)

 

 

さぁ、人数を揃えて仕切り直しです!


黄色チームと、白チームに分かれて、前回話題になった人数も合わせました。この日は、お休みがいて、ちょうどに分かれるには一人足りず‥。「先生が入ればいいよ」の声から、先生も参加して同じ人数の2チームに分かれました。

【1回戦目】初めは白チームがリード!半周くらい差ができて黄色チームが追いかけます。必死な黄色チームと、段々余裕からかペースダウンしていく白チーム。途中で黄色チームが追い上げてきてそのままゴール!黄色チームが勝ちました♪
【2回戦目】抜きつ抜かれついい勝負!途中、アクシデントがあり、どっちが勝ったかな…??という事で、勝ち負けが分からず..もう1度行うことに!
【3回戦目】初めは黄色チームがリード!抜いたり抜かれたりを繰り返しとってもいい勝負!そして後半黄色チームがリードしていましたが、白チームがぐーんっと抜かしてゴール!白チームの勝ちでした♪

 

 

運動会に向けて子供たちで作戦会議!?

先生
今日のリレー、やってみてどうだった?
Cちゃん
Bくんさ、転んで走れなかったけど、もう一回やったら、最後まで走れてて、すごかった!
子供たち
「うん」「みてたー」「すごかった!」

 

これ大事だね、と「最後までバトンをつなぐ」の作戦を振り返りました。仲間が頑張っていた姿をよく見ていて、言葉にしてくれていて、素敵だな~と思いました。

 

Aくん
先生、バトン間違えてたよね~
参加していた担任ですが、間違えて別チームのバトンを受け取ってしまったんです…

 

 

Dくん
もらう、次の人がさ、名前呼んであげるといいよ!「D~!」って!!!

 

名前を呼ぶ作戦も考え付きました!さらに、

 

先生
なんで、白のチームは勝ったんだろうね?

 

と聞いてみると、

 

子供たち
「速い人がいるからじゃない?」「でも、黄色チームにもいるよー?」「本気!本気の走りだったから!」

 

本気の気持ち、なんだか大切みたいだね。と、紙に残しておきました。本気の走りって、どういうはしりのことかな?と、またみんなで話題にできたらいいなあ・・。と思っています。

 

 

園長先生のつぶやき

「運動会で見せるためにリレーをするのではない」というなかの幼稚園が取り組んでいるリレー。

その理由の一つには、リレーの真剣勝負をする中で、仲間のこと、自分のこと、リレーのこと、たくさん見てたくさん考える。そのためにリレーを走るのだろうと思っています。

 

この日も、転んでしまった子のこと、その様子、その気持ち、それを言葉にしてみたり考えてみたり。転ばせてしまった子も、自分のことを言葉にしてみたり。

他にもたくさんたくさん考えていました。気持ちや考えを言葉で表したりやり取りしたりできるって、さすがそら組ですね。

リレーの取り組みの間に、そら組はぐん!と走るのが早くなります。でも、心もきっとぐん!と大きくなっているでしょうね。

 

園長先生
先生も、参加します。この日は、たまたま、バトンをとりちがえる!?というハプニングを起こしましたが、その解決法をちゃんと子どもが考えてくれていたのですね。良かったね、先生。

 

 

おまけ
ホールで、竹馬・天狗げたを練習して、歩けた分だけ記入している練習ボード。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です