3歳4歳でもおむつが取れない!?トイレトレーニングの進め方を徹底解説!

なかの幼稚園では、未就園のいわゆるプレクラス「親子の広場」が始まりました。その中で、井戸端会議としてなんでも相談をしてみる場面があるのですが、、、

今年も、その中の一つに「おむつが取れないこと、トイレトレーニングの進め方」の話題が上がりました。

というより、今年は積極的にこの話をする機会を提供することにしました。

 

 

どうしてトイレトレーニングを積極的に進めるべきなの?

年々、3歳を過ぎてもおむつ(形としては、パンツ形なので「紙パンツ」とも言いますが、あえて「おむつ」と書かせてもらいます)を使っている子が増えているな、という「危機感」があるからです。

 

園長先生
そうなんです!「危機感」なんです!放っておけないくらい、、、

 

この何年かは、なかのでも「なるべくパンツにしましょう。でも、無理でなくていいですよ、いつか外れます!」と言いながら過ごしてきました。

けれど、そう言いつつも疑問がありました、、、

 

園長先生
いつかって、いつだろう?高性能の紙おむつをはいていると、そのいつかはどんどん遅くなっているけれど、そんなにいつまでもおむつをはいていていいのだろうか、、、と

 

きっと、先生の立場ではなくても、お母さんの立場でも考えている方もいますよね。

そこに、2020年のコロナ。保護者に気持ちの負担の大きい緊急事態宣言もあり、話し合う機会も少なくなり、パンツにしましょうもあまり言わずに過ぎた2020年度。

2021年度、多くの3歳、なかには4歳の子が紙おむつで4月の新学期スタートを迎えました。これは、危機感が高まりました。(何で危機なのかは、後で書きます)

 

ちょっと、今までのようにはいかないと思いました。そこで調査。

「なんで多くの子が紙おむつなのか?」という原因はどうも以下の事のようです。

 

多くの子がおむつを履いてしまう原因?

  1. 高性能の紙おむつを使っていて、排せつの自立は確立しにくいということです。なるほど、高性能。何回分もためられるからですね。
  2. 同時に、この何年かの「広場」の話題から、「排泄をトイレでさせるって、どうやったら伝えられるの??」という、そもそもどうパンツの生活に移るのかわからないという保護者が多いこともわかってきました。ひと昔前なら、きっと周りに自然に切り替えていく親子の姿があったのが、今はそういう風には知りにくいのですね。
  3. また、「子どもの意見を尊重しよう」ということも浸透してきています。「パンツはいやだ!」という子に無理はさせない。

 

という事になるみたいです。もしかして、小さい子を持つ方は、②に「そうそう」という方もいるのでは、、、どうやるのか知らないな、と。

また、いま、チャレンジしつつ子どもがトイレを嫌がるという方は、③に「そうそう!」ですよね。「親はさせたいのに、してくれないのよ!」という悩みのある方も、、、

では、ややこしいことを言わないで③のように「いつかはずれる!のを待てばよいのでは?」とも考えられそうですが、そうはいかないのです!

 

幼稚園で、3歳4歳で紙おむつを使っている子達を見ていると、どうも手放しにできないのです。というのも、子供たちは、

 

「本当はパンツのほうがいいようだ。」「紙おむつは赤ちゃんが使っているものだよな~、かっこ悪いよな~。」

 

と気が付いているのです。表には出さないけれど、、、その証拠に、着替える場面を意識的に避けてみたり、意固地にトイレを避けてみたりします。

 

園長先生
紙おむつをはいている自分が、周りに知られないようにしているのです!これは、毎日毎日起こる「排せつ」という事のたびに自分の自尊心が下がるという事なんです!

 

「じそんしん?」大げさな!と思うなかれ。もう一つの証拠に、パンツに切り替わった子たちが、すっきりした顔で、どこか自信を持つのが物語ります。誰が教えるのでもない、自分で感じるのでしょう。

幼稚園で、先生がおむつをはいているのをさげすむことはありません。それでも、やっぱりパンツになって自分でトイレに行けると、自信がつくのです。

 

でも、一方で、意固地にトイレを避ける、という事態も起こります。自分で充分わかっている子ほど、こだわります。「パンツはいやだ!紙を出して!」と泣き叫んでしまう子だっています。

それを見るのはとっても切ないです。充分わかっているのに、こだわっているんです。なんでこんなことになるかというと、子どもながらにお漏らしを失敗と思っている子もいて、失敗したくない、と思うと「紙おむつをはいて安心していたい」となるみたいです。

また、生まれてからずっと紙に排せつしていると、それが安心という事にもなるようです。トイレなんて、怖いところ、と。

「紙パンツ安心」の先に、この「自尊心低下と紙パンツを出して!」のもどかしい姿が待っているかと思うと、危機感です、、、

 

 

では、どうすればおむつは取れるのか、、、?

(写真 床は板張りなので簡単に拭けます)

一番は、「紙が安心と思う前に、トイレで排泄する生活に切り替えてしまう」ことです。

いつも勉強会でご一緒する保育園の先生に聞いてみたところ、

 

「首が座ったら、おまるにかけられる。朝や昼寝から起きたときにおむつを見て、していなければチャンス!おまるにかけると、大体出る。その時に大人が喜ぶと、子ども心に『自分がここでおしっこするのは大人が喜ぶようないいことか』とわかって、すぐ身につきますよ。0歳が一番早い。逆に、2歳過ぎて、家で紙・保育園でパンツ、というのが一番時間がかかる。トイレに行くのが面倒とか、子どもだって思うんでしょう。」

 

だそうです。0歳か!?それはびっくり、、、

「え~、もう2歳なんですけど」という方もこれを読んでいるかも、ですよね。そんな方には、「広場」でも話題になっていた「どうやってパンツに変わったのか?」のお母さん達の話を、、、

 

(写真 遊び場所も床は板張り)

Fさん
そろそろパンツかとおもって、母が切り替えた。カーペット取って、お漏らししてもいいようにして、パンツはかせて、出たら『でたね~』と着替えていたら3日でトイレでできるようになった!

 

だそうです。3日は、早い方だと思うので、もう少しかかる子もいると思いますが、、、

ポイントは、ちゃんと出たら「でたね~」の所。トイレ以外で出てしまったときに「何で言わないの!」とか「トイレでするんでしょ!」とかではなく「おしっこでたね~、かえようね」というのが次に繋がります!

紙おむつにしていた子にとっては、おしっこが出ること自体が発見になるらしいです。だから、「これが、おしっこでる、ってこと」と教えて、着替えたり、トイレに行ったりを伝えていく事なんですって。

紙パンツにこだわってしまう4歳の子が、お漏らしもできずにじりじりと苦しんでいるのを見ると、『お漏らしできて、良かったね~』、と言う感じです。

 

もう一つポイントは、「カーペットをとる」こと。漏らしても、着替えたり掃除したりしやすいと、取り組みやすいです。もちろん、着替えも、着替えやすい服がいいですよ。だから、夏はおむつ外しにいいんですね。

最後に最大のポイント、、、

 

「母が生活を切り替えた!」

 

紙おむつで、おむつ替えは日に3回、とかいう大人都合の生活から「おしっこでる?じゃあトイレ行こう!」という子ども都合の生活に切り替えるってことです。

これからちょうど夏!!まだの方、トイレトレーニングへチャレンジしてみませんか!?

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です